近年、日本への海外からの観光客が増加しています。浅草や渋谷、新宿など、東京に住んでいると、ビジネスマンらしい外国人の他にも、観光客らしい外国人の姿をたくさん目にするようになりました。
そんな中、日本政府はまだまだ観光客の数を増やそうという方針を打ち出しているというニュースを見つけました。2020年までに4千万人まで海外からの観光客を増やすという目標だそうです。この目標を達成するために、歌舞伎やコンサートで多言語解説を充実させたり、博物館や美術館の夜間開館が検討されているようです。
この方針には、私はとても喜んでいます。海外との交流が増えることは、日本が国際的な立場を高めたり、国際豊かな国になるためにも、きっと役に立つと考えられるからです。また、日本人が海外で活躍するためにも、日本にいながらにして、海外の人との交流が増えることはプラスになると考えられます。
また、海外の人にとっては、日本語という言葉の障壁が何よりも日本を理解する難しさになっていたと思います。そのため、多言語で日本の文化を紹介する動きは、海外で日本に興味を持つ人にとっても喜ばしいニュースだと思いました。