プロ野球は契約更改シーズンですが、今シーズン優勝のソフトバンク柳田選手が年棒5億5千万の3年契約を結びました。日本人選手でこれまでの5億を超えた選手は最高年棒となる大魔神佐々木や松井、イチロー、黒田といったメジャーでも活躍した選手など数えるほどしかいません。その選手の仲間入りをしたという事ですからソフトバンクの柳田選手に対する期待値の高さが伺えます。ソフトバンクで高年棒、複数年契約ということで思い出すのは松中選手ですが、松中選手とは年齢も違いますので、松中選手の二の舞いにはならないだろうと思いますが、そうならないように頑張ってもらいたいものです。優勝したとはいえ、ソフトバンクの選手は年棒が4億を超える選手がゴロゴロ出ている状況ですが、強さ=資金力というのが如実に表れているようです。広島カープでも例年より年棒が上がっていますので、強さを手に入れるにはやはり資金力が必要なのでしょう。そういった意味でもソフトバンクの強さはしばらく続きそうな気配です。